Biplusスタッフブログ

NG習慣(>_<)

 

 

こんにちは!

加圧スタジオBiplusの小林です(^◇^)

 

 

10月に入って早1週間が経とうとしていますね( ;∀;)

台風も通り過ぎて、綺麗な秋晴れです(#^.^#)

 

 

さて、今日のブログのテーマは普段やっているかもしれないNG習慣です!

今から書いていくNG習慣が当てはまる方は要注意!

太りやすくなってしまいます(+_+)

 

1,朝ごはんを食べない

  朝ご飯を食べないことがあなたを太りやすくしています。
  朝はもっともエネルギーを消費する時間。
  それにより代謝の良い太りにくいカラダを作ることができます。
  また、朝ご飯は体内時計の役目も果たします。
  これによりカラダが活発に動く準備を始めるので朝ご飯はカラダにとって本当に大切。

2,電車やバスでは席があれば座る

  立つ姿勢は意外と多くのエネルギーを消費してくれます。

  普段の”座ってしまっている”行為を”立つ”行為にするだけで200~400kcalも消費できます。
  何気ない行為も侮れません(^O^)

3,姿勢が悪い

  猫背は太りやすいカラダになってしまう要因です。
  血流を悪くし、リンパの流れも悪くなってしまいます。

  これによりカラダの老廃物も排出されないのでむくみや冷えなどを引き起こします。

  また、猫背姿勢では、前に突きだした頭を支えなくてはならないので、

      肩や背中の筋肉に負担がかかります。

  猫背で首や肩の筋肉が強張ると、その部分にある褐色脂肪細胞の働きが鈍り、

  その結果、脂肪が燃焼されにくくなって太りやすくなってしまいます。

 

4,すぐ足を組む

  骨盤が歪むことで、周辺のリンパ節などが圧迫されて冷えやむくみに繋がってしまいます。
  また足を組むことで足の筋肉をうまく使うことができないので結果的に下半身太りの原因に( ;∀;)

  骨盤が歪むと脚の筋肉を正しく使えず、無駄な筋肉がついて太くなることもあります。

 

5,お風呂はシャワーで終わる

  お風呂でカラダを温めることで、血液循環が良くなり、

  それによって新陳代謝を活発にするダイエットに嬉しい効果があります!

 

6,寝る前にスマホチェック

  人間の体内にはメラトニンという体内時計の役目をするホルモンがあります。
  そしてメラトニンは夜になると眠気を引き起こしてくれるのですが、

  スマホのブルーライトによって昼間だと錯覚してしまい、正常に機能しなくなってしまいます。
  これは睡眠の質が落ちるというだけでなく、睡眠不足によって食欲にも影響が出てきます。

  食欲を増進させる働きを持つホルモン「グレリン」、

  反対に食欲を抑えるホルモン「レプチン」というものがあります。

  適切にコントロールするには、質の良い睡眠が必要です(^^)v

 

7,横向きで寝る

  横向きで寝ると、重心が偏るので骨盤のゆがみの原因になります。

  肩関節に体重がかかり、肩関節の痛みや肩こりなどにつながってしまいます。

  それだけでなく、顔のたるみにもつながります(*_*;

 

 

どうですか???

みなさんはいくつくらい当てはまるでしょうか(?_?)

 

私もいくつか当てはまるので

少しづつ直していこうと思います!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 加圧トレーニングのご予約はこちら
  • 加圧トレーニングに関するお問い合わせはこちら
このサイトを広める