Biplusスタッフブログ

お酒は太る?

こんにちは!加圧トレーニングスタジオBiplusの藤原です(^^)/

 

さて、今回のお題は「お酒は太る?」という事でお送りいたします(笑)

 

結論からいうと、お酒では太らない、と言えます。

 

適量であればお酒自体のカロリーもそこまで深刻なものではありません。

 

アルコールは栄養素を全く含まないことからエンプティカロリー(空っぽのカロリー)ともいわれ、

 

エネルギーとしてすぐに使われやすく、熱になったり血行増進などで

 

そのほとんどは消費されるともいわれています。

 

また、アルコールは体内で水と炭酸ガスに分解され、ほとんどカロリーとして摂取されないのです。

 

カロリーとして残るのは、アルコールと一緒に入っているアミノ酸や果汁エキスなどで、実際の摂取カロリーはずっと小さくなります。

 

でもやっぱり飲酒すると太る気がしますし、実際酒飲みには太っている方も多い気もしますよね?

 

その理由はお酒と一緒に「食べている物」ということになります。

 

お酒に合う食事に脂っこいものが多いことや、アルコールによって食欲が亢進することによって暴飲暴食に繋がることも理由の一つですし、

 

アルコールの分解を担っているのは肝臓ですが、肝臓は脂肪やたんぱく質の分解も担います。

 

アルコールを摂取すると、肝臓はアルコールの分解を最優先します。

 

そうすると脂肪やたんぱく質の分解は後回しになり、結果分解されなかった脂肪等が

 

身体に蓄積されやすくなります。つまり一緒に食べている物の分解が後回しになり太りやすくなります。

 

またお酒で太る人の傾向として、「夜は飲み会だから昼はカロリー抑えて少なめに」とか

 

「昨日のお酒が残っているから朝ごはんは食べない」という人の方が肥満気味な気がします。

 

規則正しい生活、食事は大前提です。変に「調整」することは逆効果になる事もありますので気を付けて下さい。

 

また飲みの席ではなるべく糖質はもちろん、脂質の多い揚げ物や動物性のものは避け、

 

サラダや、アルコールを分解しやすい枝豆、豆腐などを選んで食べるのも大切なポイントです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 加圧トレーニングのご予約はこちら
  • 加圧トレーニングに関するお問い合わせはこちら
このサイトを広める